夏目漱石

スポンサーリンク
あらすじ

夏目漱石の三四郎のあらすじ「田舎から出てきた青年の人間ドラマ」

夏目漱石「三四郎」あらすじをご紹介します。小川三四郎は熊本の高校を卒業した後、東京の大学に入学するため汽車に乗っていました。その道中、一泊する際に間違えて向かいに座っていた女性と同室になってしまいます。しかし何も起こることなく夜が明けます。
あらすじ

夏目漱石の草枕のあらすじ「とかくに人の世は住みにくい」

夏目漱石「草枕」あらすじをご紹介します。日露戦争の頃、三十歳の画家である主人公は、芸術についての思いを巡らせながら山道を歩きます。途中で雨が降ってきたため、道中の茶屋に入って一休みすることに。主人公はその店の老婆に、ある娘の話を聞かされます。
スポンサーリンク