スポンサーリンク
ヘルスケア

夏にマスクをすると肌荒れになるかも。その原因とは?

花粉は種類が多く、1年中飛んでいます。最近だと、コロナのためにマスクをする機会が増えている状況です。 必要なので、どうしてもマスクを着けなければいけません。ですが、使い方次第で、肌荒れを起こすリスクがありまます。 マスクで肌荒れを起...
エンタメ

ちびまる子ちゃんの98話とは?幻のストーリーがヤバ過ぎる

国民的人気アニメ「ちびまる子ちゃん」には幻の98話があります。どうして幻なのかと言えば単行本未収録となっており、りぼんで発表された当時の読者にかなりのインパクトを残したと言われています。そんな幻の98話の内容とはいったいどんなものだったのでしょうか。
エンタメ

サザエさんの都市伝説。じゃんけんに勝つ方法とは?

国民的長寿アニメ「サザエさん」ですが、ここまで長く続いていると様々な噂が流れています。そしてウワサは都市伝説へと変化。実はタラちゃんには妹がいた、サザエとカツオは異母兄弟だった、そして「じゃんけんに勝てる方法があるのでは?」という噂があります。
スポンサーリンク
あらすじ

志賀直哉の小僧の神様のあらすじ「神さまの気持ちと小僧の想い」

志賀直哉「小僧の神様」あらすじをご紹介します。仙吉は、神田にある秤屋で奉公をしている小僧でした。彼は噂で旨い寿司屋の話を聞き、いつか自分もその店に自由に行けるような身分になりたいと思っていました。それから数日後、八銭の電車賃を渡されて使いに出ます。
あらすじ

暗夜行路のあらすじ「大自然の中で思うこと」

志賀直哉「暗夜行路」のあらすじを簡単にご紹介します。主人公は作者である志賀直哉自身がモデルだと言われています。時任謙作は、母が他界した後に祖父に引き取られ、その祖父が逝去したあとは、祖父の愛人だったお栄と暮らします。
あらすじ

城の崎にてのあらすじ「生きているということ」

志賀直哉「城の崎にて」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は主人公が事故に合ったところから始まります。養生のために一人で城崎温泉に出掛け、そこで様々な生き物に出会います。そうして自分が生きていることについて考えるのです。
歴史

出雲大社の縁結びの由来。プレイボーイの神様が関係してる?

出雲大社の祭神は大国主(おおくにぬし)という神様で、【国造りの神、農業神、商業神、医療神】として信仰されています。 しかし出雲大社は縁結びで有名ですよね。 調べてみると、大国主さまは縁結びとして伝わってきた神様ではありませんでした。では...
豆知識

アンカーの由来。リレー最終ランナーの語源とは?

テレビでリレー中継を見ていると、最終ランナーは必ずアンカーと呼ばれています。 この最後の走者を「アンカー」と呼ぶ理由について、知っている人は少ないのではないでしょうか。 アンカーという呼び名は、おそらく外国語から来ているのだろうと予想が...
豆知識

怖いと恐いの使い方。意味合いが微妙に違う?

「こわい」という漢字は「怖い」と「恐い」があります。 なんとなく「怖い」という字のほうをよく見かける気がしますが、この2つに違いはあるのでしょうか。 違いがあるなら使い方も変わってきますので、覚えておくと文章を書くときに役立ちますよね。...
歴史

イワナガヒメが縁結びの神さまになった理由

イワナガヒメの美人な妹を望んだニニギに、姉娘も一緒にと父親に差し出されますが、その容貌の醜さから送り返されます。そんな境遇ですが、これからは人の縁を結ぶのだと宣言されて、縁結びの神さまとして貴船神社に鎮座しています。
スポンサーリンク