あらすじ

スポンサーリンク
あらすじ

星の王子さまのあらすじを簡単に。「キツネが教えてくれたこと」

星の王子さまのあらすじを簡単に。砂漠で不時着したパイロットのぼくは、小惑星からやってきた王子と出会います。王子は様々な惑星を旅して色んな人たちに出会うのです。そんな風にしてキツネと出会った王子は、大事なことを教わります。
あらすじ

メルヴィル白鯨のあらすじ「くじらに復讐を誓う狂気の船長」

メルヴィル白鯨のあらすじは、捕鯨船の乗組員の体験手記という形で進みます。海に憧れているイシュメイルは、ある宿屋で銛打ちのクィークェグと同室になったことで親しくなり、老朽捕鯨船「ピークォド号」の乗組員として雇われます。
あらすじ

志賀直哉の小僧の神様のあらすじ「神さまの気持ちと小僧の想い」

志賀直哉「小僧の神様」あらすじをご紹介します。仙吉は、神田にある秤屋で奉公をしている小僧でした。彼は噂で旨い寿司屋の話を聞き、いつか自分もその店に自由に行けるような身分になりたいと思っていました。それから数日後、八銭の電車賃を渡されて使いに出ます。
あらすじ

暗夜行路のあらすじ「大自然の中で思うこと」

志賀直哉「暗夜行路」のあらすじを簡単にご紹介します。主人公は作者である志賀直哉自身がモデルだと言われています。時任謙作は、母が他界した後に祖父に引き取られ、その祖父が逝去したあとは、祖父の愛人だったお栄と暮らします。
あらすじ

城の崎にてのあらすじ「生きているということ」

志賀直哉「城の崎にて」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は主人公が事故に合ったところから始まります。養生のために一人で城崎温泉に出掛け、そこで様々な生き物に出会います。そうして自分が生きていることについて考えるのです。
スポンサーリンク