芥川龍之介

スポンサーリンク
あらすじ

芥川龍之介の芋粥のあらすじ「長年の願いを叶えたときの気持ち」

芥川龍之介「芋粥」あらすじをご紹介します。主人公の五位は、摂政に仕える下級役人です。彼は四十歳過ぎでみすぼらしい身なりだったので、同僚たちに馬鹿にされる情けない日々を送っていました。しかしひどい扱いを受けても一切腹を立てることもありません。
あらすじ

芥川龍之介の地獄変のあらすじ「娘が犠牲になっても芸術を貫く男」

芥川龍之介の地獄変のあらすじをご紹介します。平安時代、良秀という名の絵仏師がいました。彼の絵は天下一だと都でもその腕前は評判でしたが、醜い容貌と高慢な性格で、周囲からは怪しい噂が絶えません。そんな良秀には、可愛らしくて優しい性格の娘がいます。
スポンサーリンク